善玉チームのソルジャー乳酸菌

ヨーグルトにぬか漬け、納豆にキムチにチーズ・・・。
思わずお腹が鳴りそうですが、これらの食品の共通する成分はなんでしょう。
独特の風味やにおい、ねばりけ?なんかをイメージできるかと思います。
そう、この個性的な味や性質の正体は、乳酸菌です。

乳酸菌はヨーグルトばかりが思い浮かびがちですが、実はありとあらゆる発酵食品の中に入っています。その種類は様々で、ビフィズス菌、フェーカリス菌、クレモリス菌、ヤクルト菌、ここには書ききれないくらいのたくさんの種類があります。どの乳酸菌も、イメージとしては「おなかに良い」という共通のものではないでしょうか。

ここでまず、おなかの中の環境について一つ。
おなかの中はたくさんの菌がひしめき合っています。その菌たちは、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という種類です。善玉菌が増えると腸内環境がよくなり、悪玉菌が増えると悪くなります。そして日和見菌は善玉が優勢になると善玉菌になり、悪玉が優勢になると悪玉菌に変身するという、なんともずるい菌です。

言い換えれば日和見菌のせいで、常にどちらか(善か悪か)に傾いてしまうのが腸内環境なのです。善玉菌優勢の腸内環境下では、便通も良く、免疫力が高く、口臭や体臭も少ない、健康な体になれます。その善玉菌優勢の腸内環境にするために、乳酸菌を取り入れて善玉チームの戦闘要員を増やすのです。

ただこの乳酸菌、おなかに良い善玉菌で便通がよくなることは共通していますが、様々な種類が様々な働きをします。例えば、免疫力を上げることに特化しているものや、消化活動を活発にするものなど、細かい働きは違うのです。ですから何種類かの菌が摂れる乳酸菌のサプリメントは手軽で続けやすく、人気があります。

ちなみに、善玉チームの戦闘員は「ハチミツ」が大好物ですから、乳酸菌と共にハチミツを取り入れるといいですね。