栄養成分は細胞に働きかけます

5代栄養素(ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質、糖質)の中には色々な栄養成分があります。
例えば葉酸はビタミンの一種ですし、亜鉛はミネラルの一種です。この細かな栄養成分は人間の細胞に様々な働きかけをします。

例えば、血中に入ってコレステロール値を適正に保ったり、皮膚に分布して紫外線や外気の影響から守ったりしています。 また、細胞の生まれ変わりを促したり、自律神経が正常に働くのを助けたりと、他にも人間の生命維持にかかわるありとあらゆる細胞のお手伝いをしています。

細胞が元気に働くための燃料となるのも当然栄養成分です。 この栄養成分は不足すると体に不都合な症状が色々と起きますが、それは細胞が栄養成分というパートナーを失い、自分の力を最大限に発揮できなくなり、元気がなくなってしまうことが原因です。

さらに、様々な環境ストレス(紫外線や排気ガスや寝不足など)、精神的ストレス(人間関係、過剰な仕事量、プレッシャー)が増大した現代社会では細胞の疲弊もその分大きくなります。
つまり、細胞にとっても過酷な社会であるということです。

栄養成分のほとんどは、体内で作られないので食品などから摂取する必要があり、また摂取しても体内にとどまらず、役目を終えたら排出されてしまうので、定期的に摂取する必要があります。常に細胞にとって最適な状態を維持するためには、継続して摂取することが大切です。

食事の好みが偏っていたりすると満遍なく摂取することができなかったり、食べれる量にも限りがあります。
こういったことから、体は必要としていてもなかなか全部を摂取しきれないこともあるのでサポート役としてサプリメントを上手に活用していくことも現代の栄養管理では必要だと言えるのでないでしょうか。