本来の「脳力」を発揮させるDHA

DHAにはどんなイメージがあるでしょうか?
よく子供の脳の発達にはDHA、DHAを摂取して頭の良い子に!なんていうイメージがありますね。ではDHAは本当のところ、どんな効果があるのでしょうか。

DHAはドコサヘキサエン酸の略称で、不飽和脂肪酸の一種です。
不飽和脂肪酸は、比較的低温でとける性質があり、常温では液体で存在する脂質で、血中のコレステロールや中性脂肪の量を調整する働きがあります。

DHAは血中の中性脂肪を減らす効果が強いので心臓病のリスクを減らし、血液をサラサラにして血栓ができるのを防ぐ役割もあります。

そしてDHAが脳に与える影響ですが、摂取すると脳内のセロトニンの分泌が増えます。セロトニンは精神を安定させるために脳内に分泌される成分なので、鬱病の症状にDHAは有効といわれています。また、脳内の血流がよくなるので、初期の認知症に効果があり、成長期の子供の脳の発達にも欠かせない成分です。

DHAは体内で作られることはありません。すべて摂取によりまかなう成分ですが、摂取したから頭がよくなるというのは誤解です。DHAが足りなくなると脳の活動力が低下してしまいます。そこで足りないDHAを補って、本来の脳の活動力を取り戻すという意味で摂取します。

現代では認知症患者が増えましたが、DHAに含まれる青魚の摂取量が減ったことにも関係があるようです。日本人の食生活が変わった今、サプリメントで上手にDHAを取り入れることが必要かもしれません。