年齢を重ねるということ

人間は細胞で出来ています。細胞は今この瞬間にも生まれては死んでいきます。
母親の胎内に宿ったときから細胞分裂が始まり、細胞分裂を繰り返しながら成人の体へと成長します。

ヒトは大体16歳~20歳ほどで生命体としてのピークを迎え、体の能力だけでなく、細胞も一番活性化して、よい状態の時期を迎えますが、その後下降していきます。
細胞レベルでの「良い状態」とは、体内にある様々な細胞が、若々しく元気な状態きちんと生まれ、自分の仕事をきっちりこなし、いらなくなった(役目を終えて死んだ)細胞が速やかに体外に出される状態です。この様々な細胞とは、色んな役割を持った何種類もの細胞です。例えば、体内の活性酸素を適正な量に保っていらない活性酸素をやっつけたり、血液に乗って体の隅々まで酸素や白血球を運ぶ役割をしたり、ありとあらゆる仕事をたくさんの細胞たちが担っています。最近では女性は酵素に着目していますが、酵素での分解よりも手っ取り早く成長ホルモンのバランスを整えるアミノ酸、アルギニンというアミノ酸の摂取が効果的でしょう。このアルギニンは、体内で一酸化窒素を生成し、成長ホルモンの分泌を促します。

ところが加齢により、それらの細胞はきちんと生まれなくなったり、仕事をする能力が下がります。能力が衰えてきて、体をいい状態に保つ力が弱まってきますから、体内で生まれた、または侵入してきた悪者をうまく退治できなかったり、思うように働けなくなった細胞がひねくれてガン化したり、色々と不都合なことが起こってきます。女性では更年期、男性ではEDなどが自然の現象としておきます。女性の更年期、つまり閉経は仕方がないことなのですが、男性の場合は実はサプリや食生活でEDを回避する事ができます。ヴィトックスα extra editionはペニスを活性化させるサプリメントとして販売されていますが、栄養価が高く、男性の生活習慣予防などにも役立ちます。

さらに、内臓の細胞も弱まってきますから、その内臓本来の役割が十分果たせなくなり、内臓が不具合を起こしやすくなります。そして脳細胞も同じように衰えてきます。運動機能の指令も瞬発力がなくなり、またそれに答えるはずの筋肉細胞も機能が低下してきますので、脳の要望に思うようにこたえられません。

そうして、脳の機能、身体機能、内蔵の機能の能力が徐々に落ちていく。これが老いという現象です。老いというのは仕方がないことなのですが、加齢の速度は下げる事はできます。栄養素のバランスが命です。
サプリメントは、この体のさまざまな機能が低下したことをカバーするための栄養素を補うものです。
かしこくサプリを飲んで、年齢に負けない若々しい体づくりをしていきましょう!

年齢に負けない体を作るサプリ活用法